トップページ > 外観と院内

外観と院内

医院の外観と入口

山田皮膚科医院の外観
シンプルでおしゃれが設計コンセプト

1996年(平成8年)、妻の意見を取り入れて設計しました。こじんまりとしていても患者さんが過ごしやすい造りになるよう工夫しています。植木の散水も一仕事。緑化にも一役?車で来院なさるときは、マリンブルーの看板と「けやき」を目印にしてください。

入口
スロープをつけています

車椅子の患者さんも安心して受診していただけるように、ゆるやかなスロープと手すりをつけています。

院内の特長

待合室
小さいお子様や体の不自由な方のために、様々な工夫をしています

・水虫などの感染を防ぐために院内ではスリッパを使用していません。土足のまま入っていただきます。
・バリアーフリーにしていますので、車椅子の方もお気軽に受診してください。
・畳スペースがあります。小さいお子様を遊ばせることができます。
・待ち時間を楽しんでいただくために、絵本などを豊富に用意しています。絵本の専門家の方に依頼して素敵な本を取り揃えています。

窓口と診察室
開放的で明るい室内です

★ 窓口(左の写真)
・患者さんがお気軽にお声をかけやすいように開放的にしています。

★ 診察室
・皮膚科の診察は診ることから始まります。明るい診察室です。皮膚の状態がよくわかるように設計しています。

医療機器 (メディラックスプラス)
シミ、小じわなどの治療機器。人気で予約待ち状態です。

フラッシュランプによるシミ、小じわなどの治療機器です。脱毛も行なうことができます。レーザー治療と異なり、処置後のテーピングなどは不要ですので治療後すぐから通常通りにお化粧ができます。保険が利きません。予約制にしていますが、ただいまのところ予約待ちの患者さんが多く、治療までにお時間をいただくことになります。

トップページごあいさつ診療案内院長紹介外観と院内患者満足度調査よくある質問(Q&A)プライバシーポリシー