トップページ > 診療案内

こんなときは迷わず受診してください

baby


 ・ 初めての赤ちゃんで扱い方がわからなくて皮膚トラブルを起こしているケースが多くみられます。子供さんの洗い方や服の調整など子育てで不安に思っていることもアドバイスしています。


アトピー性皮膚炎の場合、症状にあわせて内服・外用療法のほかに漢方治療も行なっています。治療目標はステロイドから離脱して保湿剤の外用のみで皮膚の状態をコントロールできるようにすることです。患者さんとの連携を大切にしています。


「みずいぼ」は通常ピンセットで摘み取る方法が行なわれます。しかし痛みを伴う治療ですので子供さんが痛みに耐えられないことがしばしばです。痛い治療は子供さんの精神生活に悪い影響を及ぼすと考えています。当院ではご希望があれば摘除しますが、内服による治療、シールによる治療などを行なっています。


爪水虫は内服治療が主ですが、合併症のために内服治療ができないケースもあります。その場合は外用治療だけでも症状が軽減するよう色々な治療方法を行なっています。


男性型脱毛症の内服治療を行なっていますが、保険が利きません。全て自由診療です。ご関心のある方はお気軽に相談下さい

トップページごあいさつ診療案内院長紹介外観と院内患者満足度調査よくある質問(Q&A)プライバシーポリシー